腸もみとは

お腹が硬くないですか?

お腹を触って冷たくないですか⁉︎
お腹の温度は、脇で測る体温より2℃高いのが理想だとごぞ存知ですか?

お腹に大きな動脈があります。

冷たいと内臓機能低下の証拠です。腸の周りの筋肉や腸自体も硬くなっていると血流が悪く内臓温度も下がってます。
内臓温度が低下すると動脈を冷たくし、下半身の冷えにも繋がります。
お腹の筋肉が硬くなりやすくなり、内臓の位置も変わりやすく下腹ポッコリや便秘やムクミにも繋がりやすくなります。

腸もみ

直接腸を緩めてあげることによって、今まで筋肉が硬くなっていた所に血液が流れ出し内臓温度が上がりやすくなります。
内臓温度が上がると、免疫力も上がりやすく基礎体温が上がりやすくなると言われております。
正常な位置に腸を戻してあげると体重は変化しませんが、ウエスト周りの変化を実感できます。(ただし個人差あります)

※妊娠中もしくは妊娠の疑いがある方、内臓疾患の方は出来ません。

ご予約・お問い合わせ

powered by crayon(クレヨン)